牡蠣エキスはウコンより肝機能向上に効果が期待できる

036

二日酔いに効果があると言われているのがウコンですが、お酒を飲む前に摂取するならウコンより牡蠣エキスのサプリメントがオススメ。その理由は牡蠣にはアミノ酸の一種のタウリンがたっぷりと含まれていて、このタウリンが肝機能をアップしたり、心機能を高め、生活習慣病を予防する効果が期待出来ます。だからお酒をよく飲む人程タウリンを摂取するようにして下さい。

タウリンを多く含む食品としては魚介類を挙げることが出来ます。中でも牡蠣は非常に豊富なタウリンを含んでいます。タウリンは沢山摂取しても害がないので過剰摂取の心配がなくしっかり魚介類を食べて体内の機能のアップを目指しましょう。

ウコン二日酔いにはさほど効果がないと言えます。ウコンに含まれる肝機能強化作用があると言われる成分であるクルクミンは、摂取してもその大半は体内に吸収されないことが判明しています。だから二日酔い防止を謳っているウコンのドリンクは摂取してもさほど効果は期待出来ません。

逆に肝臓に問題がある人がウコンを摂取すると体に良くないといった研究結果が存在します。健康な人でもお酒と一緒にウコンを摂取すると肝炎が悪化するケースがると言えます。だから肝機能の向上の為ならウコンではなく牡蠣がオススメです。ただ牡蠣をお酒を飲む前に摂取するなら牡蠣エキスの方が手軽に摂取できます。

また牡蠣エキスは肝機能の向上効果だけではなく、生活習慣病の予防にも効果があると言えます。血圧が高い人、抜け毛が気になる人、肌荒れを改善したい人、味覚障害の傾向が見られる人、最近疲れが取れないといった人は積極的に牡蠣エキスを摂取するように心がけましょう。牡蠣はタウリンの他にもグリコーゲン、亜鉛、ミネラル、ビタミン、良質なタンパク質が含まれていてとても栄養バランスがいい食材な上に天然由来の成分なので体に優しい食品と言えます。だからお酒を飲む前だけではなく、牡蠣エキスのサプリメントを毎日摂取する習慣をつけるといいでしょう。