牡蠣エキスの主な栄養素

021
牡蠣は冬が旬でおなじみの美味しい食品ですが、多くの栄養素を含むことでも知られています。特に多く含まれているのが、タウリンやミネラル、グリコーゲンです。これらはどれも生命活動に欠かせない栄養素で、現代人には不足しがちです。意識して摂取することが大切です。牡蠣エキスにはこの栄養素が全部濃縮されていて、効率的に摂取することができます。

タウリンは栄養ドリンクに含まれているなど、滋養強壮効果で知られています。なぜ滋養強壮効果を発揮するかというと、肝臓の健康に深く関わっているからです。タウリンは肝細胞を再生させたり、脂肪の分解を助けてくれます。また体内に取り込まれた毒素を分解する働きを助けてくれるので、肝臓の負担が軽減します。肝臓は多くの働きを持っている臓器ですので、普段は疲弊しがちです。肝臓をいたわるためにタウリンを摂取するのは非常に効果的です。

ミネラルの中では、亜鉛や銅が多く含まれています。亜鉛は髪の毛に多く含まれていて、発毛が活発になるには不可欠な成分です。また味覚を敏感にする働きがあり、不足すると味の違いに鈍感になります。味覚が変わってしまうと、過剰に塩分を取ってしまったりと弊害が出てきます。

亜鉛の不足には十分に注意する必要があります。銅は鉄の取り込みをサポートしてくれるミネラルです。鉄は血液中に存在する酸素を運んでくれる細胞の赤血球を作成するために必要です。しかし鉄は吸収しづらいミネラルで、大概に排出されやすいです。銅と鉄を一緒に摂取することで、体内への吸収効率を高めてくれます。鉄が不足すると貧血症状が出やすくなります。貧血に悩む人はこの二つのミネラルを同時に摂取することで、貧血改善効果が挙げられます。

グリコーゲンは体の中でエネルギー源となってくれる栄養素です。炭水化物の中でもエネルギー効率の良い栄養素で、激しい運動時などに消費されます。またインスリン分泌作用があると言われており、糖尿病対策としても効果的です。