メインイメージ画像

2つの種類があるのを知っていますか

様々なタイプのある教育ローンですが、その方式から担保が必須のものとそうでないものの2つの形態に区別されます。担保とは、仮に、ローン代を支払えなくなった状況の際に、担保を売り払い、債務の弁済を維持するものです。日本政策金融公庫の教育ローンは、国が扱う教育ローンなので、担保の項目はいりません。銀行は教育ローンの種類によって、担保が絶対のものといらないものを取り扱っています。一般的に担保のいる教育ローンの方が低金利におさめてあり、融資額も無担保のものより高く設定準備してあります。どのようなものを担保にできるのかと疑問に思う人も多いのではないかと予測します。

普通は、家などの土地など不動産を担保にすることが大多数です。

お子様が私立大学に決定した時、多数の大学に特別な奨学金制度は通常より好条件の教育ローンが用意してあります。以下では、そんな制度を利用した方の体験談を紹介してみましょう。「私立大学に確定したいのは、最初に知っていたので入学金は前もって用立てていました。しかしながら、当惑したのが在学中の生活費をどう賄うかという点です。

バイトをすれば少しぐらいは足しになるでしょうが、全部をカバーするのは厳しいと予測されます。そのような状況で、決めた大学に奨学金制度の用意があることを教えてもらいました。在籍中は返却の必要はなく、無利子で借入でき、他の奨学金とも使用可能でした。それぞれ大学により特別な奨学金制度はその条件等相違しているので、詳細は学校でチェックして下さい。